This page is a greeting the director of a FAMC.



 

院長の大畠 邦博です。

動物病院をやってきて、心に残った飼い主さんの言葉に

「夜中見てくれる病院がなくて困った。」

「重症で愛するペットを入院させなくてはならない時、
夜中もずっと診てくれるのか?」

というものがありました。

飼い主さんの希望はもっともな話です。

しかしながら獣医師が少ない場合、昼間も夜も同じように

休み無く仕事をするのは、どうしても無理です。

私自身も以前は、入院している動物を真夜中一度か二度

見回りをするのが精一杯でした。

しかし、物言えない動物だからこそ、

変化を見逃さないように24時間の看護体制が必要なのです。

そう思いながら、なかなか実現にこぎつけられないでいました。

本町で開業していた頃、待合室や駐車場が狭い分、

少しでも飼い主さんを待たせなくてもすむように、

病院の規模の割には多めのスタッフ態勢でがんばっていました。

そこで、人数が多くなければ出来ない事をしようと一念発起し、

アニマルメディカルセンターとして24時間体制の

動物病院システムを2003年より開始いたしました。

来院して頂くたくさんの飼い主さんに支えられ、

また多くのスタッフの努力に支えられながら治療を行っています。

現在、県内唯一となっている24時間入院介護救急医療ですが、

この体制を維持していくには、多くの困難がありました。

しかし、救えた動物の命や飼い主さんのホッとした表情が、

われわれスタッフの心の支えとなっています。

今後とも預かって頂いて安心ですと言ってもらえるように

努力して参りたいと思います。



ヒストリー

<1994年>
  水戸市城東に古いタイヤ販売店跡のテナントを借りて、
  フレンド犬猫病院として開業。
  この頃の、アットホームな雰囲気も良かったのですが、
  駐車スペースが狭く入院設備も手狭に。


<1999年>
  診療施設を二倍にして、本町に移転。

  念願のテナント脱出を果たしました!

  皆様に愛されるとともに、駐車スペースが手狭になってきました。
  また、伝染病隔離室が一つしかなく収容数に限界が。
  (充分な防疫を取るには構造上無理がありました。) 
  人数も増え、スタッフルームが狭くなった。
  入院施設が汚くなってきた。
  以上の理由で移転を決意。


<2004年9月>
  充実した診療を目指して柳町に移転。
  名称をフレンドアニマルメディカルセンターに改めました。



院長プロフィール
  1991年
  北里大学獣医畜産学部獣医学科卒
  在学中は胸部外科、主に肺の手術を研究していました。
  入学以来動物病院開業を目標にしていたので、
  在学中も動物病院で研修を積み、
  大学卒業後千葉市内の動物病院に3年間勤務。
  1994年独立開業。

これまでに飼育してきた動物たち
  ニワトリ、ウズラ、セキセイインコ、オカメインコ、ヨウム、コンゴウインコ、
  ボブホワイトなどの鳥類。
  ラブラドール、ビーグル、紀州犬、セッター、ポインター、プロットハウンド、
  ミックス、フレンチブルドック、ミニピン、ジャックラッセルテリアなどの犬。
  日本猫、ペルシャ猫、スフィンクス、 オシキャットなどの猫。
  ミドリガメ、クサガメ、ケズメリクガメ、ホシガメ、ヒョウモンリクガメ、
  ボールパイソン、ボアコンストリクター、グリーンイグアナなどの爬虫類。
  ハムスター、ウサギ、 ハリネズミ、チンチラ、などの小動物。










お問い合わせ

029-221-2011