<異物除去手術 ワンちゃん編> 



@ 手術前 診察
 
  A 手術前 点滴 麻酔     B 手術 内視鏡
          

吐き気が治まらないとのことで、
ご来院頂きました。
バリウム検査を行ったところ、胃の中に異物が発見されました。

赤い丸の中が異物です。

 
避妊手術の際と同じように手術前に
点滴を流します。

その後、麻酔をかけ
手術の準備を整えます。
 
 
今回の症例は胃の中に異物がある為、
まずは内視鏡を使っての
異物の除去を試みます。
 


 
 

 

 

 C 手術 内視鏡

 
 D 手術 内視鏡(摘出)

 
 E 手術後 麻酔からの覚醒

         

内視鏡を挿入しました。

上記の様な画像をモニターで確認しながら手術を行います。 

 
無事、内視鏡で異物を取り出すことが
できました。

どうやら犬用のケーキに付いていた飾りを一緒に飲み込んでしまっていた様です。
 

   
内視鏡手術はお腹を切ったりしないので、
麻酔が覚めればその日の内にお返しできます。

元気になって良かったね!


※異物の大きさにや滞留している場所によっては内視鏡での処置が行えない場合も御座います。




お問い合わせ
029-221-2011
              (にゃーにゃーわん にゃーおーわんわん)